インボイス制度施行の日に

今日(2023年10月1日)から、消費税のインボイス制度が始まる。改めて、次の二点だけは指摘しておきたい。

消費税を転嫁できない人(企業)がいる

東京新聞の記事では「納税額を正確に計算できるよう導入」されたとあるが、これが政府の公式見解であろう。WEBでは、省略されているが、紙面では、免税から課税に変わった場合の納税額が、掲載されている。

売上高
業種 770万 550万 330万
小売業(食料品) 11万4千円 8万1千円 4万9千円
飲食業 28万円 20万円 12万円
運輸・サービス業 35万円 25万円 15万円

インボイス制度で、「困る人」がいるということを知ってもらうという点では、この記事も意義があるが、最大の問題は、「インボイス制度によって、消費税を転嫁できない人も納税義務を負わざるを得ない」ということにある。 “インボイス制度施行の日に” の続きを読む

消費税の逆進性とは、所得税から消費税へのシフトのこと

所得の高い人ほど「消費税」の負担割合が低くなり、消費税には逆進性があるといわれます。逆進性問題の本質は、消費税だけの問題ではなく、この国の税のあり方が、累進制緩和に向かっていることにあります。

 

「所得1千万の人も300万の人も、消費支出は変わらないから、負担する消費税の額は同じ」、「所得の高い人ほど消費額は多いのは当然だが、所得300万の人の何倍も消費するわけではない」、「所得の高い人ほど消費税の負担割合が低くなる」などの理由で、消費税には「逆進性」があるといわれます。これだけだと逆進性問題の本質か目をそらすことになります。
逆進性問題の本質は、消費税の導入によって、この国の税のあり方が累進制緩和に向かっていることにあります。 “消費税の逆進性とは、所得税から消費税へのシフトのこと” の続きを読む