キャッシュ・フロー計算書解説スタートします

第3の財務諸表といわれるキャッシュ・フロー計算書ですが、中小企業の社長さんにとって損益計算書・貸借対照表ほどはなじみがないようです。税務署に提出する必要もないし、そんなのみたことがないという方も多いのかもしれません。

キャッシュ・フロー計算書には、一年間の「お金」の出入りがすべて集計記録されています。損益計算書・貸借対照表のどこをみても1年間に借りたお金や返済額はでてきませんが、キャッシュ・フロー計算書には、これが出てきます。経営者にとって必要なだけなく、非常に役立つものといえましょう。

最近の会計ソフトは、特に意識しなくてもキャッシュ・フロー計算書が自動的に作成されているものが多くなっています。この解説ではビズソフトの「ツカエル会計」を教材として使っていきます。不定期更新となりますが、解説をスタートします。

目次